人 の 世に 生まれ し 頃 より 戦 道。 騎士道

880103「明治天皇御百首」

の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に

【補記】正集冒頭の百首歌。

5

松下幸之助の名言・格言集。感動の言葉を!

の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に

丹後国にて、保昌あす狩せむといひける夜、鹿のなくをききてよめる ことわりやいかでか鹿の鳴かざらむ今宵ばかりの命と思へば (後拾遺999) 【通釈】もっともなことだよ。 【他出】和歌童蒙抄、袋草紙、後六々撰、古本説話集、無名草子、時代不同歌合、十訓抄、古今著聞集、沙石集 【参考歌】「後撰集」 つつめども隠れぬものは夏虫の身よりあまれる思ひなりけり 【主な派生歌】 なげきあまりあくがれ出づる玉なりと君がつまにしむすびとどめば さゆりばのしられぬ恋もあるものを身よりあまりてゆく蛍かな いく夜われ波にしをれてきぶね川袖に玉ちる物思ふらむ [新古今] 物思へばあくがれいづる玉河のうき瀬にもえてとぶ蛍かな 行く蛍あくがれいづる玉ならばつれなき袖の中にとどまれ もえわたる沢の蛍をうき人に見せばや身にもあまるおもひと 保昌にわすられて侍りける頃、とひて侍りければよめる 人知れず物思ふことはならひにき花に別れぬ春しなければ (詞花312) 【通釈】自分だけで思い悩むことは、とうに慣れっこです。 だから、まだまだお互いに進歩しなければならないのである。

8

880103「明治天皇御百首」

の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に

忠誠、真実、忍耐、寛容、良識、謙虚、慈悲、そしてそれに類する美徳もまた、騎士道に欠かせぬものである。 【他出】正集、後六々撰、定家八代抄、歌林良材 【主な派生歌】 長からむ心も知らず黒髪のみだれて今朝は物をこそ思へ [千載] かきやりしその黒髪のすぢごとにうち臥すほどは面影ぞたつ [新古今] うば玉の闇のうつつにかきやれどなれてかひなき床の黒髪 〃 夢かなほみだれそめぬる朝寝髪またかきやらむ末もしらねば [風雅] 雲風のみだれもしらず空にのみたのめし月のゆくへかなしも 三条西実隆 くろ髪の千すぢの髪のみだれ髪おもひ乱れかつおもひ乱るる 与謝野晶子 題しらず 世の中に恋といふ色はなけれどもふかく身にしむものにぞありける (後拾遺790) 【通釈】この世に恋という色はないけれども、深く身に染みるものであったよ。

9

人生の名言・格言集。人生を変える、支えとなる言葉

の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に

帰京後の万寿二年 1025 、娘の小式部内侍が死去。 45 正当以上の卑屈な努力までする必要はない。

13

桜花乱舞とは (オウカランブとは) [単語記事]

の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に

法華持経者として知られ、あまたの霊験譚が伝わる。 【補記】詞書の「若君」は小式部内侍が藤原教通との間にもうけた子。

10

桜花乱舞とは (オウカランブとは) [単語記事]

の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に

電球ソケットに続き、カンテラ式で取り外し可能な自転車用電池ランプを考案し、これらのヒットで乾電池などにも手を広げた。 風ふき物あはれなる夕ぐれに 秋風はけしき吹くだに悲しきにかきくもる日は言ふかたぞなき (正集) 【通釈】秋風はほのかに吹くだけでさえ悲しいのに、その上空が掻き曇る日などは言い表しようもない程だ。 日中は日差しが強いが、日を追って朝晩は涼しくなってきたようです。

5

人生の名言・格言集。人生を変える、支えとなる言葉

の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に

5 人がこの世に生きていく限り、やはり何かの理想を持ちたい。 【参考】「古事記」(の泣くさま) その泣く状は、青山は枯山なす泣き枯らし、河海は悉に泣き乾しき。

松下幸之助の名言・格言集。感動の言葉を!

の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に

「馬」 久しくもわが飼ふ駒の老いゆくを 惜しむは人にかはらざりけり 大意:年久しくわが飼うて居る駒の次第に老いて行くを惜しむ心地は、恰も自分の忠 良の臣が老い行くを惜しいと思ふのと少しも異りはないよ、との御意。 ここでは蛾のことであろう。 最後の最後まで、あきらめてはいけないのである。

8

桜花乱舞とは (オウカランブとは) [単語記事]

の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に の より 生まれ 戦 人 道 頃 し 世に

【補記】拾遺集に「雅致女式部」の名で唯一首入選した歌で、十代か二十代の作と推定される。 人は生まれによって貴からず、その後、社会人として、人生を重ねるにつれて人格を高め識見を磨き実力を身につけてその働きによって社会にどのように貢献するかによってその真価が決まってくるものではなかろうかと思います。 「仁」 国のためあだなす仇はくだくとも いつくしむべき事なわすれそ 大意:我が国の為めに仇を為す敵は打ち砕くとも、其の半面には又其の人々に対して 残忍なる行為はなすな、仁徳の心を以て、慈愛を垂るゝことを忘れてはならぬぞ、の御 意と拝す。