ハイドロ サイト プラス。 【材料一覧】ドレッシング材の種類・特徴と使い分け

これだけは知っておきたいドレッシング材の使い方 :Part6 褥瘡(じょくそう)治療・ケアのカギを握るドレッシング材・外用薬の使い方

サイト プラス ハイドロ サイト プラス ハイドロ サイト プラス ハイドロ

コストや管理面からあらゆる種類を揃えられる施設は、そう多くはありません。 コムフィール(R)アルカスドレッシング(コロプラスト) 3. また、ハイドロサイト三層構造に更に改良を加え、トップフィルムに高水蒸気透過性IV3000ドレッシングを使用、吸収層には親水性の高いポリマーを含有したことにより、創部の滲出液をよりスピーディーに吸収し、浸軟から皮膚をガードすることができます。

【材料一覧】ドレッシング材の種類・特徴と使い分け

サイト プラス ハイドロ サイト プラス ハイドロ サイト プラス ハイドロ

カルトスタット R コンバテック ジャパン ・ソーブサン R アルケア 4. 肌にやさしいシリコーンゲル粘着を使用• 最初のドレッシング交換は3日目くらいに剥がしてみて、汚染度や創の状態を評価することで、2回目からは3日間より長く貼れるか、そうでないかを判断する材料になります。 ドレッシング材を貼ったら ドレッシング材を貼ったら日付をドレッシング材に直接記入し、誰がみても貼付した日や経過日数を確認することができるようにします。 クッション性• 上部から観察し、辺縁部から約1cmまで滲出液の広がりを認めた時点で交換する 3. 【ハイドロサイト】 独自のデザインで踵部にフィットする ハイドロサイトの優れた特性はそのままに、踵部に合わせてデザインしたドレッシングです。

7

これだけは知っておきたいドレッシング材の使い方 :Part6 褥瘡(じょくそう)治療・ケアのカギを握るドレッシング材・外用薬の使い方

サイト プラス ハイドロ サイト プラス ハイドロ サイト プラス ハイドロ

院内にどういった創傷が多いかによっても、その選択は変わってきますので、状況をよく把握することが大切です。 創傷治癒の促進• 滲出液を吸収するとハイドロポリマー・吸収パッドが膨らむ。 クッション性に優れ、創部を優しく包み込みます。

ハイドロサイト◊ AD プラス

サイト プラス ハイドロ サイト プラス ハイドロ サイト プラス ハイドロ

また、同じ成分でも製品によって特徴や形状が異なることがあります。 DESIGNやDESIGN-Rの評価に基づいて治癒への経過を確認できるのであれば、選択したドレッシング材は適切であったと判断することができます。 乾燥すると硬くなり剥離しにくいため、生理食塩液などで湿らせながら除去する 3. アスキナ(R)ハイドロ・トランスペアレント(ビー・ブラウンエースクラップ) 【真皮に至る創傷用】 <標準型> 1. 創部からの滲出液によって湿潤環境を保持し、治癒環境を整えます。

6

ハイドロサイト◊ AD プラス

サイト プラス ハイドロ サイト プラス ハイドロ サイト プラス ハイドロ

-ご使用方法- 1. ガイドラインでは、前回まで解説していた、DESIGN -R のE・S・I・G・N・Pを大文字から小文字にすることを目的に、使用するドレッシング材を推奨度とともに挙げています。 また、どのドレッシング材・フィルム材でも、最大1週間までの貼付になっています。 背面層から滲出液の吸収状態を観察し端から1cmまでに広がったら交換のタイミングです。

1

これだけは知っておきたいドレッシング材の使い方 :Part6 褥瘡(じょくそう)治療・ケアのカギを握るドレッシング材・外用薬の使い方

サイト プラス ハイドロ サイト プラス ハイドロ サイト プラス ハイドロ

なお、ドレッシング材は再使用はできないので、一度剥がしたら新しいドレッシング材に交換してください。 5~3cm大きい周囲の健康な皮膚も被覆できるサイズを選びます。 高い吸水力• 【真皮に至る創傷用】 <標準型> 1. 感染創や感染リスクの高い時期には閉鎖性のドレッシング材は使用せず、感染コントロールを優先することが重要です。

3

これだけは知っておきたいドレッシング材の使い方 :Part6 褥瘡(じょくそう)治療・ケアのカギを握るドレッシング材・外用薬の使い方

サイト プラス ハイドロ サイト プラス ハイドロ サイト プラス ハイドロ

クッション性に優れ、創部をやさしく包み込みます。 5 225 10 4582111152268 66800677 22. 5層構造。 概要 親水性ポリウレタンフォームドレッシング 湿潤環境を保持する3層構造のハイドロサイトプラスの利点を生かし、創部への貼付が容易な粘着テープ一体型のドレッシングです。

6